薬を飲んでいる美人

避妊するためには様々な方法があります。
コンドームやリズム法など、避妊の失敗率の高いものもありますので、確実に避妊したい方は、ピルかIUSが有効です。
ピルかIUSか、どちらを選べばよいか迷われる方は多くいらっしゃいます。
ピルの場合は、喫煙される方や高血圧の方、不整脈のある方など、服用できない方がいらっしゃいます。
IUSの場合、保険適用外の場合、初期費用が数万円かかってしまう事や、出産経験のない方は、子宮の入り口が経産婦の方と比べると開きずらいため、IUS装着時に激痛を伴ってしまったり、なかなか挿入できない場合もあります。
なので、人によりどちらが適しているのかは、分かれてしまいます。

ピルの服用に問題のない、経産婦さんの場合は、どちらの避妊方法も可能となりますと、更に悩んでしまいますが、長期的にみると、IUSの方が利点は多くなります。
まず、IUSは過多月経や、月経困難症の方以外で、避妊目的の場合は、保険適用外のため、病院によって違ってきますが、数万円かかってしまい、高額に感じてしまいますが、最長5年間有効ですので、ピルにかかる費用と比べても長期的にみると安くなります。
次に、ピルは毎日欠かさず服用しなければ、避妊効果が得られないため、飲み忘れにより、避妊に失敗してしまう可能性が大いにあります。
そのため、IUSとピルの避妊失敗率を比較すると、ピルの方が失敗率が高く出ています。
その他にも、IUSも黄体ホルモンが付加されていますが、ピルのホルモンが全身に作用してしまうのとは異なり、子宮内のみに作用するため、副作用の心配もピルほどはありません。

このように、IUSは利点がとても多いので、とても有効な方法であるといえます。